あや郎の筋トレブログ

ライターやってますー!ボディメイク目的の筋トレをしているので、その過程を記事にしています!

腹筋ローラーを1ヶ月やり続けたら劇的な変化が起こった。

こんにちは、あや郎です。

 

最近は筋トレが趣味です。利きプロテインができます。(あっ、いま適当に言いました。)

 

f:id:aya-znzn-aka:20190221205518j:plain

 

ところで突然ですが、私が持っているものが何かわかりますか?

 

f:id:aya-znzn-aka:20190222010640p:plain

 

じゃん!腹筋ローラーです。

 腹筋ローラー:アブローラーとも呼ばれる。家の中で手軽にできて、ダイエットや筋トレ、運動不足解消にもおすすめらしい。

 

どうして私がアブローラーを持って語りだしたかというとですね。頭がおかしくなった訳じゃないんですよ。たまにおかしいって言われるけど。...とりあえず、ちょっと聞いてくれます?

 

【遡ること1ヶ月程前】

 

友人宅にて

 

あや郎「あ!コロコロするやつだ!」

 

友人「これ良いよ〜!アブローラーっていうんだよ!やってみなよ!」

 

あや郎「余裕っしょ!最近鍛えてるからさ〜!(ドヤ顔)」

 

f:id:aya-znzn-aka:20190223205233g:plain

 ...はい。全然できませんでした。ナメてました。すみませんでした。

 

そこで湧き上がってきたこの感情。

 

なんか悔しい!

 

見た目とのギャップよ。腹筋ローラーさん。優しそうに見えて結構厳しいんですね。お陰で挫折の苦しみを手軽に味わうことができました。

 

でもコロコロする動きが楽しいし、小さくて場所取らないし、なんかそんなに高額じゃないし。...欲しいな。

「これ、ガチでやったらどれくらい効果があるんだろうか?」「とりあえず1ヶ月間、ひたすらやってみよう。」そう思い立ち...

 

f:id:aya-znzn-aka:20190221140144j:plain

 

早速メルカリで買いました。

 

f:id:aya-znzn-aka:20190313191601j:plain

https://www.mercari.com/jp/

 

こういう筋トレグッズって、途中で心が折れてしまうのか、中古もたくさん売られているので新品で買うより圧倒的に安いです!ちょっとお試し気分で買えちゃうのがメルカリの良いところ!(合わなければまた売っちゃえばいいですしね!)

 

f:id:aya-znzn-aka:20190221140320j:plain

 

簡単に組み立てられたよ!

 

【とりあえずやってみよう!】

 

f:id:aya-znzn-aka:20190221211012j:plain

 

ここから→矢印の方向に身体を倒し、床に身体をつけずに戻って来られたら成功!

 

あぁ......やっぱり......

 

f:id:aya-znzn-aka:20190223205233g:plain

 

 

無理だぁぁ〜〜〜〜〜〜〜

 

ということで、 

Twitterでつぶやいてみた。】

f:id:aya-znzn-aka:20190221214053p:plain

 

【あるフォロワーさんからのコメント】

f:id:aya-znzn-aka:20190221214001j:plain

 

なるほど!

壁に向かってやるといいのか!

 

f:id:aya-znzn-aka:20190221214702j:plain

 

こ、これは良い!潰れずに戻るという動作を繰り返せるので、鍛えてる感がある。

 

ほかにもTwitterでいただいたアドバイスをまとめてみたけど、注意点ってこんなに沢山あるのね。

 

◼︎□壁に向かってコロコロする。

◼︎□腹筋が弱いと、腕や背中に負担がかかりやすくなる。

◼︎□腹筋収縮の練習として、仰向けで膝を曲げ、ヘソを覗き込む。

◼︎□腰の怪我に注意。ヘソを覗き込むフォームが正確。背中を反らないように。

◼︎□回数よりも、一回一回、意識しながらやるのが大事。

◼︎□手首を内側に巻き込むようにする。

◼︎□休養も大事。やりすぎないように。

◼︎□足の幅を広げると楽になる。

 

◼︎□膝をつくときは、マットを敷くといい。

 

あっ...膝ついていいんですか?(笑)

 

勢いで買ったから何も知らなかったわ。

 

一緒についてきた青いやつ、膝の下に敷くマットだったのか〜!

滑り止めやクッションの役割があるみたい。

 

膝を床につけるパターンの方が、だいぶ難易度が下がるよね。

 

【で、膝をついてみた】

f:id:aya-znzn-aka:20190223205347g:plain

 

おっ、思ってたよりできた!ちょっと腰が反ってるけど、膝つけばなんとか往復できた。

うん。「できた」よ。

 

...いや、わかってるわかってる。

この中途半端さで「できました!終了ーーー!いぇーい!」って投げ出したら、誰かに鈍器で後頭部殴られそう。

 

あの日の悔しさを忘れてはいけない。

 あの日、友人宅でできなかった立ちコロ

(※立ってコロコロするのが立ちコロ。膝をつけてコロコロするのが膝コロ。)

 

あれに挑戦しなくてどうする!?

 

いや〜。できたら凄いよな〜。

やりたいよな〜。

できるかな〜。

 

というわけで、1ヶ月ガチでコロコロしまくりました。

 

f:id:aya-znzn-aka:20190223205347g:plain

 

f:id:aya-znzn-aka:20190223205347g:plain

 

f:id:aya-znzn-aka:20190223205347g:plain

 

【開始から15日後】

 

だめだ!!!できない!!!

 

このままじゃ1ヶ月やってもあんまり上達した感じにならない!!!

 

f:id:aya-znzn-aka:20190222020826j:plain

 

こんにちは!

 

という事でですね、百聞は一見に如かず。

 

プロのトレーナーさんに教えてもらうことにしました!

 

f:id:aya-znzn-aka:20190223205508g:plain

 

うわ〜〜〜〜〜。

 

なんなの?この無重力感。

 

これでまた、スッと元の位置まで戻ってるからね。凄い。

 

本当にできる人いるんだ...。

 

そうそう。これだよ!これ!

私がイメージしてたやつ。

 

いいなぁ〜。これやりたいなぁ〜。

 

f:id:aya-znzn-aka:20190222022448p:plain

 

腹筋は背中を反ると力が入りにくくなってしまう(別のところに負担がかかりやすくなる)ので、なるべく背中を丸めた方が良いらしい。

 

twitterのフォロワーさん達も言ってたなぁ。

でもそれが難しいんだよね。

 

「おヘソを見る!腰を反らない!」

 

も〜う耳にタコができました!

 

f:id:aya-znzn-aka:20190222023817p:plain

 

おまけで、アブローラーの上達に役立つのでは?と、ガラケーみたいに身体を折りたたむ腹筋トレーニングも教えて頂きました。

 

 

【そして開始から1ヶ月が経過。最終日】

 

 

毎日コツコツと続けてみて、身体が引き締まってきたのを実感しています。

 

f:id:aya-znzn-aka:20190222024851p:plain

 

f:id:aya-znzn-aka:20190222024929p:plain

 

 

f:id:aya-znzn-aka:20190222025003p:plain

 

f:id:aya-znzn-aka:20190223205835g:plain

 (※私の写真だと腰が反ってしまっているものがありますが、腰を痛める要因になりますので皆さんくれぐれも気をつけてくださいませ。)

 

結論。1ヶ月で立ちコロ完遂までには至らなかった。

 

だけど、自分で決めたこの1ヶ月という期間が終わっても、腹筋ローラーは続けていこうと思ってます。

 

なぜなら、効果はばつぐんだったから。

 

f:id:aya-znzn-aka:20190222113245j:plain

 

これが、アブローラーで作ったアブノーマルな腹です。(はい。)

腹筋が、割れてる......!

 

週5日、1日8回4セットやりました。

8回で「限界」がくるキツさでやりました。

 

こんなバッキバキになりたくない人は、膝ついて、1セットあたり15〜20回ぐらい往復できる負荷でやると、シェイプアップ効果が期待できるので良いと思います。

 

ちなみに、開始前と最終日に自宅で撮った比較写真がこちら

 

【Before】

f:id:aya-znzn-aka:20190222113820p:plain

 

【After】

f:id:aya-znzn-aka:20190222113845p:plain

 

【Before:左】【After:右】

 

f:id:aya-znzn-aka:20190222113928p:plain

 腹筋ですが、このBefore(左)の状態でも光の当て方やアングルによっては割れて見えることもありました。

 

でも、今回はあえて真正面から撮影してこれだけの違いが出たので、1ヶ月でも頑張ればこんなに変われるんだよっていう事が証明できたんじゃないかと思います。

(趣味でジムにも通っていますが、今まで継続して通っていてあのBefore写真の状態だったので、特に腹筋に関してはアブローラーの成果だと思います。)

 

ネットで調べてみると、もちろん個人差はありますが、立ちコロが出来るようになるまで3ヶ月〜1年くらいかかったという意見が多かったです。

 

立ちコロまではまだまだ長い道のりだなぁ...。

 

でも、「腹筋ローラーをやる」のが目的ではなく「鍛える」「痩せる」「運動する」などが目的なはずなので、「ええ〜そんなにできるようになるまでに時間かかるなら嫌だわ」とは思わなくて全然オッケー。

 

今できる範囲で精一杯やれば大丈夫!

(と、立ちコロができるようになりたくて必死だった私が言ってる。)

 

何事もそうよね。本来の目的を見失わずにいるって、けっこう難しいよね。

 

 

【ここでちょっと宣伝...!】

 

そういえばこのアブローラーはメルカリで購入したんですが、他にもけっこうスポーツ用品・健康器具も多く出品されているんですね。

 

f:id:aya-znzn-aka:20190313191721j:plain

 https://www.mercari.com/jp/

 

こういうスポーツ用品や健康グッズってガシガシ使うし、ちゃんと使えれば安いほうがありがたいですよね。

 

 

f:id:aya-znzn-aka:20190222111952j:plain

 

いかがでしたか?

アブローラーとガチで向き合った結果。

 

なんか、試行錯誤しながらアブローラーをやっていたら、学生時代の部活を思い出しました。やっぱ運動っていいね!

一生懸命やると、肉体を鍛えられることはもちろん、精神面を鍛えることにも繋がるのではないでしょうか。

 

そんなガチでやらなくてもストレス解消や健康維持の為にもぜひ取り入れて欲しい筋トレ。

 

仕事や家事、育児でそんな余裕もないよ!って方も、歯磨きしながらストレッチとか、ドライヤーをかけながらスクワットとか。...どうですかね?

 

私も仕事はフルタイム稼働で子供もいるので、すごくわかります。ぜんぶ丸投げしたいくらい疲れる時もある!(爆)

今でも疲れるときは疲れる...けど、空き時間に運動をするようになってから、以前より疲れにくくなり気持ちが明るくなりました。(個人差はあります)

 

なので、この記事を見て「ちょっと運動してみようかなぁ」って思ってくれる人がいたら嬉しいです!一緒に頑張りましょ〜〜〜!

 

f:id:aya-znzn-aka:20190312232325j:plain

 

 

【提供】株式会社メルカリ

 

【執筆】あや郎

 

 

 

 

 

シャルケ04と契約を結んだサッカークラブチームの熱い想いを受けて、山梨へ!日本の育成環境を変えるべく奮闘中...!(2)

f:id:aya-znzn-aka:20190315014831j:plain

(↑)練習の準備をする子どもたち。小学生ってもっとゴチャゴチャしてるイメージでしたが 、協力し合って素早く準備していたのが印象的でした。

 

f:id:aya-znzn-aka:20190315015509j:plain

(↑)ビブスを受け取る子どもたち。和やかな雰囲気なのに、ちゃんとまとまってる。大人も見習おう(笑)

 

f:id:aya-znzn-aka:20190315015936j:plain

 

〜練習開始!〜

 

コーディネーションを積極的に取り入れた練習

【拍手】

f:id:aya-znzn-aka:20190315020240j:plain

(↑)こちらの写真の左にいる方は岩崎大輔さん。(以後岩崎コーチ)

普段は3つのグループに分かれて練習しているそうですが、この日は2グループに分かれての練習でした。岩崎コーチ担当のチームは前日が練習試合だった為、コーディネーションという、あまり走り込んだりせず、楽しめる要素を取り入れたトレーニングを行なっていました。

 

f:id:aya-znzn-aka:20190315032623j:plain

 

上の写真で行なっているのは、ボールを頭上に投げてキャッチするまでに、何回手を叩けるかというもの。先生の「今、どんな工夫をした?」という問いかけに子どもたちは「手を早く叩くようにした!」「ボールを高く投げるとたくさん手を叩けた!」と言っていました。

 

【しりとり】

f:id:aya-znzn-aka:20190319011225j:plain

 

次に、しりとりをすることになったのですが、だんだんコーチの出す課題は難しくなっていき、最終的には3人組になり手でボールを交換しながら別のボールを使い足でパスしりとりは4文字以内制限時間は15秒以内という内容に。

やってみると、1人のところに2つのパスが行ってしまったり「切り干し大根!」と、元気よく4文字以上で「ん」がつく言葉を言ってしまう子がいたり、簡単な条件でもたくさんのことを同時にやろうとすると、苦戦していました。

この時にも、コーチは間違えた生徒のところまで駆け寄っていって、アドバイスをしていました。

 

コーディネーショントレーニングの狙いは、運動神経を刺激して、脳との動きを連動させる速さを鍛えることです。

 

コーディネーショントレーニングというと、自分は学生時代、ラダートレーニング等をしていた記憶がありますが、どちらかというとただ黙々と与えられた課題をこなし、訓練している印象でした。

コーチ陣が、子どもたちが楽しく取り組めて、かつ「自ら考える」課題を与えていて素晴らしいです。

 

【鬼ごっこ

f:id:aya-znzn-aka:20190317011149j:plain

f:id:aya-znzn-aka:20190317011241j:plain

 

なんと、この練習の狙いは顔を上げさせること。

子どもたちに色々な色のビブスを着てもらい、ドリブルしながら鬼ごっこをしたり、コーチが指定した色や人数で集まることで、ドリブル中に自然と顔が上がり、周りを見るようになります。

サッカーの試合では、周りの状況をよく見る事が大切なので、このような習慣が身につくと嬉しいですね。

...コーチが「周りを見ろ!」と言えば済むところを、わざわざ過程を作って「周りを見ることの大切さ」に気付かせてくれています。

 

ジェスチャーゲーム】

f:id:aya-znzn-aka:20190317011605j:plain

f:id:aya-znzn-aka:20190317011351j:plain

 

真ん中に1人が立ち、いろいろな動きをします。周りの子達はそれを真似します。

チームメイトの動きをよく観察することや、敏捷性、瞬発力が養われそうですね。 

 

【伝言ゲーム】

f:id:aya-znzn-aka:20190317012154j:plain

 

 2つのチームに分け、代表の2人が何やらコーチから耳打ちされています。

ゴニョゴニョゴニョ...。

(いいなー!楽しそう!)

 

f:id:aya-znzn-aka:20190317012320j:plain

 

 そして、各列でコーチの出したお題をジェスチャーで伝えていきます。

皆次々に倒れていくので、答えはふなっしーかと思ったらゴールキーパーでした(笑)

 

チームメイトにわかりやすくお題を伝える努力をすることは、(サッカーでいうところのパスやシュートなど)伝える為のアイディアを引き出す練習になり、実際の試合で活きてくるそうです。

 

【コーンの色タッチ】 

f:id:aya-znzn-aka:20190317011710j:plain

f:id:aya-znzn-aka:20190317011831j:plain

 

込山コーチが、「赤、黄、青、緑!」などと色を指定して、その色のコーンを順にタッチしていくというゲームです。

 

集中力を高める事や、学年関係なくコミュニケーションを取る事が目的です。

みんな楽しそうに、そして真剣に取り組んでいます!

 

【コーンをゴールに見立てて1対1の対決】

f:id:aya-znzn-aka:20190317012051j:plain

 

よーいドンで、ゴールに見立てたコーン2つの間へドリブルします。

もちろん敵もいるので、ボールを取り合います。

このときのルールは、コーンの間へシュートはしてはいけないということ。

 

最後まで、一人で敵をかわしつつ、ドリブルをしてゴールに向かう練習になります。

 f:id:aya-znzn-aka:20190317012008j:plain

 

【積極的な子どもたち】

f:id:aya-znzn-aka:20190317012429j:plain

 

 コーチが質問を投げかけたり、意見を求めると、みんな積極的に発言していました。たまに、「ん?」という回答もありましたが、コーチは否定するということは絶対にしませんでした。

 

 【最後は制限なしの試合】

f:id:aya-znzn-aka:20190317012506j:plain

 

今回の練習を通しで見て、ルールを設けつつ、自然と「学び」を得られるように工夫してきた印象でしたが、最後は「完全に自由な試合」を行いました。

この試合の目的は主にこの2つで、

 

・子どもたちが自由に動くことで、次回の課題をあらゆる角度から見つけやすくなる。

・今日の練習でやろうとしていた事が、試合に活かされているのかの確認ができる。

 

このとき印象的だったのが、子どもたちが失敗を恐れずにプレイしているということ。

 コーチも、失敗を見て怒ることはありませんでした。

 

「例えシュートを失敗しても、その過程が良かったかもしれない。」

 

そう言って、子どもたちの良いプレイを一生懸命に探していました。

 もちろんダメだったところもよく見ています。これには、ヒントを与えてあげたり、また次回の練習で改善策を練るそうです。

 

f:id:aya-znzn-aka:20190317012540j:plain

 

今回の取材を通して一番感じたこと。それは、大人たちが育成の本質と真剣に向き合っているということです。

「試合に勝ちたい。」「このゴールを決めたい。」...そこで成功すれば、そのときは成功なのかもしれません。

 

しかし、メディアブレインの大人たちは、そこに重きを置いていないのです。

積極的なプレイ、頑張り、楽しむ中で身についた技術をもって戦いに挑む子どもたちの姿を優しい眼差しで見守っていました。

 

 

f:id:aya-znzn-aka:20190317012617j:plain

 ちょっとグチャっとしてしまったけど、この写真が一番みんなの表情が素敵だったので使わせていただきました。
 
メディアブレインの皆さん。取材ということで伺いましたが、沢山の気づきを得られました。そして子どもたち。ありがとう!
山梨のクラブチームが今後どうなっていくのか...今後も楽しみです。

シャルケ04と契約を結んだサッカークラブチームの熱い想いを受けて、山梨へ!日本の育成環境を変えるべく奮闘中...!(1)

「なんで外したんだ!バカヤロー!」

 

...ひと昔前の運動部では、こんな怒号が飛び交うことに誰も疑問を抱かなかった。

 

今でこそ、言い方は物柔らかになってきたものの、根底にある「間違ってはいけない。こうしろ!」という指導方法は、あらゆる分野でまだまだ日本の教育に染み付いているのではないだろうか。

 

そんな中、

「日本の全ての育成環境を変えたい。」

 

と、立ち上がったサッカークラブチームがある。

 

<メディアブレインフットボールアカデミー>だ。

  メディアブレインフットボールアカデミー:去年の5月にドイツサッカーリーグ1部FCシャルケ04とパートナー契約を締結した、山梨県のサッカークラブチーム。

 シャルケ04:ドイツの総合スポーツクラブで。日本人サッカー選手では、(2019年3月現在)鹿島アントラーズにいる内田篤人選手が所属していたことで知られている。

 

最初、サッカーがそこまで詳しくない私は「なんぞ???」ってなりましたが、要は、ドイツのプロリーグのトップで活躍するシャルケ04のサッカーチームと、日本のサッカークラブチームであるメディアブレインフットボールアカデミーが、契約を結んだということです。

 

...それではなぜ、シャルケ04とパートナー契約を結んだのでしょうか?

 

f:id:aya-znzn-aka:20190314210110j:plain

f:id:aya-znzn-aka:20190314210212j:plain

山梨県甲府市!東京から特急で1時間半くらい。意外と近かったです。

(実際に来ちゃいました!)

 

【早速、担当の方からお話を聞かせていただきました】

f:id:aya-znzn-aka:20190314211318j:plain

 メディアブレインフットボールアカデミーのコーチ込山雄奨さん。(以後込山コーチ)

経歴はこちら(↓)

 

■□フォルトナU-12

 ※U-12ナショナルトレセン

■□フォルトナU-15

 ※U-13東日本ナショナルトレセン

 ※U-13エリートプログラム

 U-14日本代表

 U-15日本代表

■□鹿島アントラーズユース

 

あや郎:すごい!少年時代の選手生活を第一線で過ごしてきたんですね。このままプロサッカー選手も目指せたと思うのですが、なぜ若くしてコーチの道に進んだのでしょうか?

 

込山コーチ:大学在学中に行き詰まり、サッカーをやめてしまった時期があるんです。でもやっぱりサッカーは好きなので、何かサッカーで仕事がしたい...そう思っていたとき、ちょうど声をかけてくれたのが、この会社です。

自分が選手時代に気付けなかったことを、今の子どもたちに伝えることが僕の使命だと思っています。

 

【日本とドイツの異なる育成環境】

f:id:aya-znzn-aka:20190315004654p:plain

 

込山コーチ:日本とドイツでは、子供達への教育のあり方が全く異なるのが現状です。社長である黒田はそのことに気づき、「シャルケ04の指導を参考にすることで、将来を担う日本の子どもたちに世界トップクラスの育成環境を提供することができるようになり、世界で活躍できる人材育成が可能になる。」と確信し、今の契約締結に至りました。

 

あや郎:シャルケ04と契約を結んだことで、具体的にはどんな変化がありましたか?

 

込山コーチ:まず、練習方法や考え方をシャルケ04から沢山学び、自チームに取り入れました。実際に現地から指導者が来日して、キャンプと称し合宿を行うこともあります。


(シャルケキャンプの詳細はこちらです)

https://mb-schalke.com/

 

f:id:aya-znzn-aka:20190317015015j:plain

f:id:aya-znzn-aka:20190317014647j:plain

 

あや郎:小学生のクラブチームで、海外からコーチ陣を招いて指導を受けるなんて、とても貴重な経験ですね!この写真では、勉強をしているのですか?日本とドイツでの子どもたちへの教育のあり方の違いって、どんなところで感じますか?

 

込山コーチ:日本人って、海外の人たちから「みんなの前で質問・発言ができない」というイメージを持たれがちなんですよ。

その原因の一つは、学校での教育方針にあると感じています。

例えば、小学校での算数や国語の授業で、黒板を写したり、みんなの前で問題を解いたりしますよね?そして間違いがあると、みんなの前で指摘されたりして、恥をかくことになります。 

 

あや郎:それが普通だと思っていました!ドイツでは違うんですか?

 

込山コーチ:全然違います。もちろん先生が前に立って話をすることもありますが、例えば「問題を解く」という作業をするとき、先生はその日勉強する範囲と教科書のページを告げて、教室の後ろに行きます。問題の解き方を生徒に考えさせ、わからなかったら教室の後ろにいる先生にいつでも質問しに行くことができます。

この環境が、「自ら考える」「失敗を恐れない」子どもを育てます。

 

あや郎:これは根本からやり方が違って興味深いです。大人の指導一つで子供の考え方や積極性に影響が出てくるのですから、より良い環境を提供してあげたいですね。

 

込山コーチ:そうなんです。サッカーでもその違いは顕著で、ドイツでは「成功を褒める指導方法」に重きを置いているのに対して、日本では「失敗を叱る指導方法」がメインになりがちです。

ドイツでは、シュートなど良いプレイが出た時に、指導者はすかさずみんなの前で選手を褒めます。そして、失敗したり悩んでいる選手がいれば、どうすれば改善できるのか、本人に考えさせたりヒントを与えます。決して失敗した選手をその場で、ましてやみんなの前で叱ったりはしません。個別に話し合います。

日本では、成功した時に褒めることはありますが、それ以上に失敗した時にみんなの前で叱ったり指摘している印象が強く、「こうしろ!点を取れ!」と、具体的な指導(命令)をしているコーチが多いです。これでは、怒られるのが嫌でチャレンジをしなくなり、上達しないという悪循環に陥ってしまいます。

 

「パスしろ!シュートしろ!ドリブルしろ!」

このような指示(命令)は、本来の育成ではありません。これでは子どもたちは考えることをやめてしまうので、指導者がいないと何もできない選手になってしまいます。

 

あや郎:子どもたちに自ら考えさせる指導が大切なんですね。

 

込山コーチ:はい。現在の日本の指導者は、育成の段階で結果を求めてしまっている方がまだ多いです。対して、シャルケで考える本質は育成。子どもたちの5年後10年後の為に、育ててあげたいという思いがあります。

 

あや郎:では、「考えさせる」為に、サッカーの練習で取り入れていることはなんですか?

 

込山コーチ:色々ありますが、グラウンドの大きさフィールドの形ゴールの種類ルールこれら4つを工夫することで、自然とこともたちが「考える」練習環境を作っています。実際に見た方が早いので...。

 

あや郎:はい!そろそろ行きましょう!


(2につづく)

ジム体験取材企画第7弾【爆尻賞受賞のステキ女子!繊細で愛ある指導が定評の鳥海真央さんのパーソナルを受けてきたよ!】

いきなりこんなポーズから失礼します。

こんにちは、あや郎です。
 

f:id:aya-znzn-aka:20190308014049p:plain

 
女性トレーニーの皆さん。尻トレ好きの皆さん。お待たせしました。
今回の体験取材企画第7弾は、なんと!
この企画初の女性トレーナーさんです!
 
2018年 fitness angel 準グランプリ、爆尻賞受賞という快挙を成し遂げた鳥海真央さん。(以後、鳥海トレーナー。)
 

f:id:aya-znzn-aka:20190312010545j:plain

 
元気いっぱいで、笑顔が眩しいですっ......!
 
私はいつも彼女の発信をInstagramで拝見させて頂いているのですが、もうね、ホント元気出ます。
 
 
写真から感じる溢れんばかりのパワー。そして私たちの心にそっと寄り添ってくれる言葉。
 
...どれも胸に響きます。
 
自分の強さと弱さの両方を受け入れ、愛している人が放つ、とても魅力的なオーラを感じます。
 
そんな鳥海トレーナー。指導がとっても繊細でわかりやすい。
 
特に、骨盤や肋骨の向きを微調整してくれたり、細かい動きのトレーニングで的確に刺激を与えるフォームを指示してくれるのが印象的でした。(男性でもしっかり勉強されている方は沢山いますが)女性特有の体つきや構造を理解して指導できるのは、女性トレーナーの強みだと思います。
 
彼女の魅力、もっともっと冒頭で語りたいところですが、この辺で一度トレーニングの様子をどうぞ〜!
 
 
場所は代々木にあるパーソナルジムB-FIVEです↓↓↓
※今回私は筋トレにある程度慣れているいうことで、ガンガン厳しめな指導をしてくださりましたが、ちゃんと相手に合わせてメニューを考えてくれますので、これから鳥海トレーナーから指導を受けようと考えていた方は、安心してくださいね!
 
 
【ゴムバンドとグルーツビルダー】
重いものを持つトレーニングでは無いので、見た目はスタイリッシュですが、ゴムバンドの収縮力に逆らって身体を動かす訳ですから、やはり辛いっちゃ辛いです。
 
ダンベルや、重りを扱うマシーンを使ったウェイトトレーニングに比べて、最初から最後までずーっと負荷が抜けにくいのがこのゴムを使ったトレーニングの魅力ですね。
 
①まずは足をパカパカ。ウォームアップ的な。真央さん、ちょこんと座って監視モード。サボるとバレます(笑)

f:id:aya-znzn-aka:20190308112707p:plain

 
②ゴムバンドをお腹の上に張り、腰を上げたときに負荷がかかるようにする。
ここから腰を上げるのが、回数を重ねるごとに段々辛くなってきます。
重いものを扱うトレーニングよりも、ジワジワとしんどくなってくる感じですね。

f:id:aya-znzn-aka:20190308112743p:plain

↓ 

f:id:aya-znzn-aka:20190308112809p:plain

 
③言われた通りのトレーニングをこなし、「終わったー!」と思ったら、「このまま、小刻みに10回上げ下げするよー!」と、鳥海トレーナー。
...この時の絶望感と言ったらないです(笑)
が、そうやって追い込む事って、理想のボディに近づくのに重要なことですが、自分1人のトレーニングではなかなか難しいので感謝です!
 

f:id:aya-znzn-aka:20190308112426p:plain

 
(↑)骨盤や肋骨の角度を指摘してくれる鳥海トレーナー。
せっかく一緒懸命にそれっぽくトレーニングしても、フォームが間違っていては成果が出にくく、もったいないです。
この時も鳥海トレーナーに、本当に5ミリくらいの角度を調整してもらったら、ボリュームアップさせたいと思っていた部位(お尻の上部と横)に更に刺激が入るようになりました。
 
(↓)ちょっとだけ休憩〜。
私のくだらない世間話も「え!本当に!?」と、親身になって聞いてくれる真央ねえさん。
この人柄も、みんなに愛されている鳥海トレーナーの魅力なんです!
私もこんな素敵な大人の女性になりたいっ!

f:id:aya-znzn-aka:20190310193341p:plain

 
【グルーツビルダーでヒップスラスト 】
まずは、50キロで...。

f:id:aya-znzn-aka:20190310194825p:plain

f:id:aya-znzn-aka:20190310194607p:plain

f:id:aya-znzn-aka:20190310194755p:plain

ふう。
ちなみに、休憩中は脚がとても疲れているので、膝を伸ばしたいところなんですが、
鳥海トレーナーから「膝は曲げておいてね!」ってかわいく言われてしまったので頑張って曲げてました。
理由は乳酸を溜めるためです。
(乳酸には成長ホルモンを分泌させる働きがあるので、上に書いた方法は、筋肉を大きくしたい人に向いている方法です。)
 
(↓)10キロ足して、60キロでもなんとかクリア。
足を置くところに角度をつけてあるので、自然とお尻に刺激が入りやすい。

f:id:aya-znzn-aka:20190310194917p:plain

 

そして...。

f:id:aya-znzn-aka:20190310195143p:plain

最終セットは20キロも重量を軽くしたのに、ぜんぜん上がらなくなった!もう、限界ですぅ........。

 

(これで流石に終わりかと思ったんだけどね。ここから更に10回バーベルの上げ下げをしましてね。)

 

f:id:aya-znzn-aka:20190310195257p:plain

そして仕上げに間髪入れずに膝をパカパカ閉じたり開いたり。
地味!地味にキツい!
 
 
【続いて、グッドモーニング】
名前の由来は諸説ありますが、朝起きて、ベッドから立ち上がる動作に似ているという理由でグッドモーニングと名付けられたそうです。
(↓)ではさっそく、寝起きの気分で...

f:id:aya-znzn-aka:20190310201841p:plain

f:id:aya-znzn-aka:20190310201932p:plain

おはよーう!

 

...どうです?グッドモーニング感ありました?

 

f:id:aya-znzn-aka:20190310202116j:plain

この時メインで使われる筋肉は、脊柱起立筋下部。サブで使われる筋肉は、大臀筋とハムストリング。

(順に、背骨に沿ってついている筋肉、尻、太ももの裏の筋肉)

 

どれも、女性らしいボディラインを作るのに欠かせない筋肉たちです!

 

ポイントは、常に前を向いておく事と、ゆっくり上半身を前傾させながらお尻を突き出す事です。

 

【ハイパー】

間髪入れずにこの動作。お尻さん頑張れ!

f:id:aya-znzn-aka:20190310224943p:plain

f:id:aya-znzn-aka:20190310225051p:plain

 

グッドモーニングとハイパーの連続を3セットやって、この日のトレーニングは終了!

 

...ここまで書いて写真を見返すと、絵面がみんな似てる!笑

常にゴムバンドは欠かせませんでした。

 

さて、鳥海トレーナーとのセッションを終えて感じた事。

それはやはり、「女性トレーナーの強み」です。

 

意外と女性って、「嫌だ〜!」「辛い〜!」「無理〜!」なんて言いながらも、まだ余力があったりするんですよね。

 

一概には言えませんが、男性の方が全力を尽くすのが得意な生き物なんですね。

だから、「もう無理だ!」と思った時は、本当に無理だったりします。

 

が、女性は本能的に、終わりに向けて計算して体力を残しておく能力に長けているそうです。なので「もう無理だ!」の先にも、まだ余力があったりするんですね。

 

なので、男性の方が、女性から「もう無理です!」と言われたら、「そうか〜もう限界か」と受け取る人が多そうですが、

 

女性トレーナーさんをはじめ、その特性を知っているトレーナーさん達は、女性のクライアントさんから「もう無理です!」と言われても「まだイケるよー!頑張れ!サボるな〜!」と、自信を持って励ましてあげられるのです。

 

先日、女性限定のグループワーク(筋トレ)をするイベントに参加したのですが、その時もみんな、ブツブツ言いながらも厳しいメニューを完遂していました。

 

この微妙なラインって、女性への指導について熟知されているトレーナーでないとわかりにくいかも。

 

鳥海トレーナーは、その辺をよく見てくれていて、手を抜くとバレるし、辛そうにしていても、まだイケそうな時と本当にダメな時を見極めて、限界ギリギリへと導いてくれます。

 

こんなに辛いエピソードばかりすると、引いちゃうかな?

 

でも、辛いっていうのは、なりたい身体になるためのほんのちょっとの時間。

 

その後には、困難を乗り越えたぞ!頑張れたぞ!という達成感を得られるし、鳥海トレーナーが作り出してくれるトレーニング中の雰囲気は楽しいし、何より、フォームを調整しつつしっかり追い込んでくれる事で効率も良くなるし、本当に良いことづくめでした。

 

あとやはり、指導中にどうしても筋肉を触ったり、動きをアシストした方がわかりやすい場面ってあると思うのですが、そういったときに、同性である女性トレーナーさんの方が安心という方もいるのではないでしょうか。

 

【鳥海トレーナーは...】

・上述したような女性トレーナーとしての強みがある。(性差を助長する意味ではありません。)

・愛ある指導をしてくれる。

・トレーニングの時間を楽しい雰囲気にしてくれる。

・フォーム改善の指導が上手。

・ニコニコ笑顔がステキで、話していて元気を貰える知性のあるアクティブな女性。

 

人としても、トレーナーさんとしても、魅力いっぱいの女性でした!

 

ちなみに、今ご覧頂いてるこの記事は宣伝記事では無いのですが、鳥海トレーナーのグループ&パーソナルのご予約についてはこちらからご覧いただけます!

coubic.com

 

 

 

f:id:aya-znzn-aka:20190312092416j:plain

 

 いかがでしたか?辛いイメージのある筋トレですが、こんなに素敵な笑顔の鳥海トレーナーと一緒なら、きっと頑張れる!
 
 最後は2人でパシャり。
ありがとうございました!
 
 
 
取材協力【鳥海トレーナー】【B-FIVE】
 
執筆 あや郎
 
 
 

ジム体験取材企画第6弾【武蔵小山のパーソナルジム。のびのび楽しくトレーニングできる雰囲気がgood!かたぎり塾に行ってきたよ!」

こんにちは、あや郎です。

 

お陰さまで、ジムの体験取材企画は第6弾を迎えることができました。

 

ところでみなさんは、パーソナルジムというものをご存知でしょうか?

 

ジムと聞くと、沢山のマシーンがあって、会員さんが自由に出入りして、各々筋トレやら有酸素やらやって、汗をかいているような...大手でいうところのルネサンスとか、エニタイムとか、ゴールドジムなんかを想像される方が多いかと思いますが、

 

今回私が体験取材をさせて頂いたジムは、パーソナルジムという形式のジムで、基本的に個室でトレーナーさんとお客さん、1対1でトレーニングをする施設なんです。

 

「1対1って緊張しそう。」「お高いんでしょ?」「トレーナーさんが厳しそう。」そんな声が聞こえてきそうですが、先に言っちゃうと、意外と大丈夫なところもあります!

 

f:id:aya-znzn-aka:20190226000722j:plain

 

ほら見て!この立て看板。

書いた人の温かみが伝わってくるでしょう?

 

この案内に従って階段を登ると...。

 

f:id:aya-znzn-aka:20190226001254j:plain

 

また立て看板ある〜!

この手作り感すごく好き〜!

 

こちらのジムは、ブログも頑張って更新していてマメだなぁという印象。

 

katagirisho.com2

 

筋トレって、コツコツ努力した積み重ねが結果としてダイレクトに現れるんですよね。

 

だから指導を受ける身としても、トレーナーさんやジムの運営にマメさ、真面目さが感じられる施設だとなんか説得力あるし、嬉しいです。(筋トレに限らず言える話ですが。)

 

【さっそく中へ】

f:id:aya-znzn-aka:20190226135658j:plain 

 

めちゃ綺麗!まだ昨年の7月にオープンしたばかりとのことで、内装はピカピカ。そして整頓されているので気持ちいい!

 

ちなみに、オープンから間もないかたぎり塾ですが、既に2店舗目が3月16日にオープンするそうです。それだけクライアントから支持されているということですね!

 

www.katagirijuku.info

 

f:id:aya-znzn-aka:20190226140150j:plain

 

そしてこちらがかたぎり塾のトレーナー、木村貴勇さん!

www.instagram.com

 

衝撃の21歳。若っ!

だけどはじめに言っておくと、めちゃくちゃ教え方が上手でした!ジムのトレーナーさんになる為の専門学校を出ているそうです。いやマジで教えるセンス凄いと思う。

木村トレーナーに教えてもらう為に、片道1時間程かけて通っているクライアントさんもいるのだとか。

 

 

【まずはカウンセリング】

f:id:aya-znzn-aka:20190226150843j:plain

私は椅子へ。木村トレーナーは向き合うようにバランスボールに座っていました。

(やっぱ体幹がしっかりしていて全然ブレない...!)

 

生活習慣や、普段の食事内容、どんな体形になりたいか?など。親身になって相談に乗ってくれました。

 

ジムの名前がかたぎり塾というくらいですから、ダイエットやボディメイクを行う上で必要な知識を「塾」っぽく?指導してくれることもあるそうです。

 

今回私は、「筋肉をつけて引き締まった身体になりたい!ボディメイクが目的でジムに通っています!」と伝え、メニューを考えていただきました。

 

折角なので、普段あまりやらない種目もやりましょう!と提案いただき、まずは「ストレッチポール(フォームローラー)」や「TRX」を使ったトレーニングを体験することに!いや〜ブログを書いているお陰で、知識や経験が増えていく。本当にありがたいです。

 

【上半身の可動域のチェック】

f:id:aya-znzn-aka:20190226151410p:plain

 

左右に上半身をねじって可動域をチェックしました。

 

木村トレーナー「けっこう硬いですね〜。」

 

f:id:aya-znzn-aka:20190303132029p:plain

 肩甲骨周りをほぐす為に、フォームローラー(ストレッチポール)の上に仰向けになり、腕を色々動かしました。

これ、すっごく気持ちいい!

ガッチガチだった、普段伸びないところが程よく伸びた!

 

普段やる柔軟体操のように、ビヨーンと筋肉を伸ばしている感じではなく、「ほぐれていく」という印象でした。

 

【TRXでトレーニング】

まずは背中

f:id:aya-znzn-aka:20190303132909p:plain

 

f:id:aya-znzn-aka:20190303133309p:plain

 

背中を鍛える種目です。 

ベルトにハンドルがついているので握り、写真のように腕を伸ばす→曲げるを繰り返します。

ハンドルを自分に引き寄せるイメージです。肩甲骨は寄せる!

 

TRX ヒッププレス

f:id:aya-znzn-aka:20190303134210p:plain

 

TRXは足も掛けられるようになっているんですね。

ボールを膝に挟み、肩を支点にしてお尻をキュッと上げます。

尻に入る〜!ジワジワとくるキツさ。膝に挟んだボールを意識することで、身体の構造上さらにお尻にも刺激が入ります。

 

【ラットプルダウンビハインドネック】

f:id:aya-znzn-aka:20190303145151p:plain

 

僧帽筋や菱形筋(脊柱から肩甲骨にある)を鍛えられることで知られるこのトレーニングは、肩関節と肩甲骨周辺筋の柔軟性を高める効果もあります。

 

名前の通り、首の後ろに向けてバーを引きます。

た、確かに肩甲骨周りをよく使ってる感じがある!

肩甲骨周りが硬いと指摘された私には、とても良いトレーニングになりそうです。

 

このとき注意すべき点は、腕ではなく肩甲骨を意識してバーを引くこと。

間違ったやり方では、肩などを痛めやすい種目です。

 

ここで、また新たな問題が発生しました。

 

木村トレーナー「左右でバーを引く力に差がありますね。」

 

...意識して何度かやってみても、改善できない。

 

木村トレーナー「バーを引ききった時に、右に傾いてるのはわかりますよね?」

 

あや郎「はい。そういえば、水泳でのクロールとか球技をやるときにも、左右差を感じていました。...どうしたら良いですかね?」

 

木村トレーナー「改善できるかもしれません。ちょっと違うトレーニングをしてみましょう!」

 

あや郎「えっ!何ですか?」

 

木村トレーナー「PNFストレッチです。」

 

【PNFストレッチ】

◼︎◻︎ストレッチの直前に筋肉を収縮させてから筋肉を伸展させることにより、通常よりもより大きく筋肉を伸ばすメソッドです。


f:id:aya-znzn-aka:20190307104142p:plain


先述したように、ここはかたぎり「塾」

筋トレやトレーニングについてわからない事があれば、壁に取り付けてあるボードに書いてわかりやすく説明してくれます。

 食事・生活習慣の見直しや、身体の構造など、新たに覚える事が多かったりすると、このボードがとても活躍するらしいです!

 

f:id:aya-znzn-aka:20190303155922p:plain

トレーナーさんの手でその人に合った負荷をかけてくれて、その負荷に抵抗するように部位を動かします。

 

私の場合、

左腕:腕を胴体に向けて押され、私は腕を開くように力を入れ、(現状よりも力を発揮しやすくなるのが目的。)

右腕:あらゆる方向にストレッチしました。(右腕ばかりに力が偏らないようにリラックスさせるのが目的。)

 

f:id:aya-znzn-aka:20190303160651p:plain

腕を回して可動域を確認。

あれっ!?

 

あんな短時間だったのに、変化が凄い!

特に右腕なんてストレッチしただけなのに!

 

無事、実際にバーを持ってトレーニングしてもフォームが安定しました。

 

【ラットプルダウン】

f:id:aya-znzn-aka:20190303161006p:plain

 

f:id:aya-znzn-aka:20190303160909p:plain

その調子で、逆手でラットプルダウンも。

 

広背筋の下部に効くよ〜!

 

【再びのTRX】

f:id:aya-znzn-aka:20190303161451p:plain

上半身はプランクですね。下半身は足をTRXにかけ、膝を左右交互に前に突き出します。

 

お腹周りの引き締め効果が期待できるそう。

地味だけどけっこう辛い。

 

f:id:aya-znzn-aka:20190303161930p:plain

木村トレーナー「背中を反らない。胴体は一直線になるように。

脚を曲げ伸ばしする際にも身体はブレないように。」

 

自分では出来ているつもりでも、直すところはどんどん出てきますね。

その都度アドバイスが頂けるのが、どれだけありがたい事か...!

 

こんな感じで、トレーニングは終了!

 

【ストレッチ】

f:id:aya-znzn-aka:20190303162843p:plain

私は疲れてもう力が入らないので、「ヨロ。」って感じに身をゆだねてます。

 

やっぱり私の尻の筋肉は硬いらしい。

 

最後にトレーナーさんがストレッチしてくれるっていうのは、個人的に超ポイント高いです。それだけでも他のジムとの差別化に繋がりますね。

 

レーニングで使った部位を的確にストレッチ出来るし、やっぱ自分でやるより上手い。

 

ちなみに私は週1でマッサージ屋さんに通ってストレッチの施術を受けるぐらい、ストレッチが大好きです。

 

【ジムの特徴は?】

・トレーナーさんが、専門学校を出ている。

・指導が的確でわかりやすい。知識も豊富。

・和やかな雰囲気で楽しくトレーニングできる(トレーニング自体はしっかりします。)

・クライアントの状態や目的を聞いて、提案できる種目のレパートリーが多い。

・ジムが綺麗。

・料金が良心的。

 

優秀なトレーナーさんがいて、料金も良心的なジムを探している方にオススメだと思いました!

 

f:id:aya-znzn-aka:20190303164147j:plain

 

 

【お店の情報】

 

かたぎり塾

 

料金:初回単発5,000円 4回24,000円 入会金30,000円

 

コース、料金の詳細はコチラ

 

お問い合わせはコチラ

 

www.katagirijuku.net

 

 

 

f:id:aya-znzn-aka:20190303164415j:plain

最後は木村トレーナーと一枚!

 

 

ありがとうございました!

 

 

 

取材協力【かたぎり塾】

https://www.katagirijuku.net

 

執筆 あや郎

 

 

 

 

 

 

 

ジム体験取材企画第5弾【渋谷にこんな素敵なジムがあるって知ってた?HMC JAPANでパーソナルトレーニングを受けてきたよ!】

こんにちは。骨です。

 

渋谷駅からハチ公や109を横目に原宿方面へ、渋谷公園通りを歩くと見えてくるのがこちらの建物。

f:id:aya-znzn-aka:20190217223535j:plain

SHIDAX(シダックス)

 

遠目に見てもシダックス。近くで見てもシダックス

 

そしてガラス張りの1階部分はラジオブースでした。

 

「あれ?場所間違えたかな?」

 

と一瞬迷いましたが、GPSはココを指している。

思い切って階段の踊り場にいた案内係のお姉さんに聞いてみたところ

 

「2階が受付となっております。」

 

とのことで、一安心して受付へ...。

 

いやぁ、わからないね!

 

ここにジムがあるなんて!

 

でも実際行ってみたら凄く良い施設だったので、渋谷でジムを探している方はぜひジム選びの候補に入れてみてください!

 

f:id:aya-znzn-aka:20190218021101p:plain

 

というわけで。

こんにちは、骨です。

 

ごめんなさい。あや郎です。これがやりたかっただけです、はい。

 

今回お邪魔したジムは、渋谷にあるHMC JAPANさん。

こちらは個室のパーソナルジムではないので、施設内で会員さんたちが各々トレーニングに励んでいます。

 

どんなジムなのかというと、プロのアスリートが在籍していたり、一人一人のニーズに合わせてトレーナーがレーニングプランを組み立ててくれたり...。女性のダイエットにも対応してくれるし、トレーニングのアフターケアにも力を入れているそうで。

「トレーニングは辛い」という既成概念を打ち破り「体を動かすこと=楽しい」へと意識の変革をもたらす〜(HP引用)

 

...なんか凄そうでしょ?

hmc-japan.jp

 

そしてもちろん、パーソナルも申し込めます!

 

今回はHMC JAPAN でパーソナルトレーナーをされている青山隼さんに担当していただきました。

 以前大手のフィットネスクラブに所属していた経験を活かし、老若男女さまざまな方の希望に沿った指導をしてくださいます。

twitter.com

 

 

【設備はこんな感じ】

 f:id:aya-znzn-aka:20190217232450j:plain

f:id:aya-znzn-aka:20190217232650j:plain

やはり、大型施設ならではの豊富な器具が魅力。

広いし器具が沢山あるので、人がちらほらいても分散してあまり気にならないです。

 

f:id:aya-znzn-aka:20190217232819j:plain

f:id:aya-znzn-aka:20190217232955j:plain

 自分の身体がどれだけヤバいのか自覚するのに充分な設備も整っております。

数値で見るとわかりやすくていいですね!

 

レーニングの様子

 

【レッグプレス】

f:id:aya-znzn-aka:20190217235223p:plain

 

まずはレッグプレスですね。

青山トレーナー「初回だから様子見ながらになってしまってますが...。」

 

なんて仰ってましたが、涼しい顔でどんどん加重してくる感じがステキでした。

(ムリの無い、でも結構ツラい絶妙な重さを設定してくれました。)

 

【アブダクター】

f:id:aya-znzn-aka:20190217235726p:plain

お尻の横のラインを鍛えることができ、ヒップアップにも繋がる...と、今から4ヶ月ほど前に聞いてから毎週必ずやるようにしている種目です。

 

f:id:aya-znzn-aka:20190218000443p:plain

この前傾した姿勢...休憩じゃないですよ!この体勢で脚をパタパタしてます。

かなりお尻にピンポイントで効きます。

大臀筋を大きくしたい人におすすめのトレーニングです。

 

【マシンショルダープレス】

f:id:aya-znzn-aka:20190218001301p:plain

「1秒で持ち上げて、3秒かけて戻しましょう。」とアドバイスを頂き、素早く挙げて、ゆっくり下ろすことを意識しています。

 

筋トレ経験者の中にはご存知の方も多いかと思いますが、筋肉の発達には収縮伸張が大事だと言われています。

 

筋トレでは主に曲げる動作、伸ばす動作を繰り返すわけですが、伸ばすこと(ストレッチ)を特に意識することで、筋肉の筋繊維を破壊して、筋肉痛を起こす=回復して以前より強い筋肉になるという考え方です。

 

部位や筋肉へのアプローチの仕方によっては異なることもありますが、基本は戻すときこそ大事に!と意識すると良いのではないでしょうか。

 

【フロントレイズ】

f:id:aya-znzn-aka:20190218003322p:plain

プレートを使ってフロントレイズをやっています。

カメラの位置w尻しか見えないw

 

鏡に映るあや郎をご覧ください。(ちっさ)

 

コレがまた、普段の生活の動作とはかけ離れているものでして。

 

すごく地味なんだけど、辛い種目なんです。

 

普段使わない筋肉を使うって、いつも休んでる怠け者をこき使わなきゃならないので大変なんですね。

 

でも私はこの、フロントレイズをやった後の疲労感がなんとも言えない感じで好きです(笑)

 

【サイドレイズ】

f:id:aya-znzn-aka:20190218003917p:plain

 

 

f:id:aya-znzn-aka:20190218004152p:plain

ダンベルを使ってサイドレイズをやっています。

 

写真見て驚きました。(なんかおもろい。)

えー、しっかり腰?尻?が入ってますね。

間違ったフォームではないのですが、

たぶん筋トレはじめる前の私がコレ見たら笑うと思います。(失礼かもしれないけど、筋トレしてない人目線では...。)

 

でも、真顔でコレができるようになった私は、もう立派な筋肉好き野郎のあや郎です。

 

余談ですが、最近では重い扉(地方の立体駐車場とか)を開けるときや、荷物を持つときに、筋トレで培った姿勢が役立ち、ラクラク重い物を押したり持ったりできるようになりました。

決まってそんなときは、上の写真のような下半身の構えになります。ケツがプリっとなります(笑)

 

...そんな感じで終了!

最後に少しストレッチも施していただきました!

パーソナル受けて、ストレッチをして頂いたのは初めてでした。

大臀筋が硬いとの指摘...そうなんです。私、尻が硬いんです。

触り心地じゃないよ?

ストレッチをしたときに伸びが悪いんです。

 

筋トレで筋繊維を日々痛めつけているので、その分ストレッチをして優しく労ろうと思います。

 

【更衣室も綺麗】

 

f:id:aya-znzn-aka:20190218005656j:plain

レーニング頑張って、最後に更衣室が綺麗だと嬉しいですよね。

 

f:id:aya-znzn-aka:20190218005917j:plain

めっちゃ綺麗〜!

もう、その一言に尽きる。

清潔だし、アメニティも揃ってる。

女性のメイクルームには、ドライヤーと並んでコテまであったからもう参りました!

 

【ジムの特徴は?】

・マシンが沢山ある(種類も豊富な)施設がいい

・月額制で、個人トレーニングでも何度も通いたい

・清潔感のあるジムがいい

パーソナルトレーニングも受けたい

・格闘技にも興味がある(格闘技ジム併設)

・プライベートジムじゃなくていいけど、ガヤガヤしてないジムがいい

 

こんな方に向いていると思います。

 

渋谷というアクセス良好な街にどデカく構えていて、設備も最高なのに、外観では気付けないジム。HMC JAPAN

とっても穴場です。

 

格闘技に特化したジムが併設されているので、気になる方はそちらも併せて要チェックです!

 

 

【お店の情報】

 

HMC JAPAN SHIBUYA

 

料金:入会金25,000円 10,000円/月

 

コース・料金の詳細はコチラ

 

TEL 03-6264-0933

 

f:id:aya-znzn-aka:20190218020902j:plain

 

青山トレーナー!ありがとうございました!

 

 

 

取材協力【HMC JAPAN SHIBUYA】

https://hmc-japan.jp

 

 

執筆【あや郎】

 

 

 

 

ジム体験取材企画第4弾【充実した設備、徹底した食事指導!赤坂555(トリプルファイブプログラム)でトレーニングしてきたよ!】

こんにちは、あや郎です。

 

早くも第4弾となった、ジム体験取材企画。

 

筋トレ開始から4ヶ月が経過したあや郎が、新しく通うジムを探す過程を記録しています。

なぜなら、パーソナルトレーニングってちょっと敷居が高そうなイメージだし、実態があまりわからなかったから。

パーソナルジム・トレーニングがどんなものなのか?あや郎自ら足を運び体験し、初心者の目線で記事にしています。

 

 

今回は西新宿・赤坂・銀座に展開している555(トリプルファイブプログラム)というパーソナルプライベートジムに行ってきました!

 

お世話になったのは赤坂店

 

f:id:aya-znzn-aka:20190204030212j:plain

 

こちらもまたまた、Twitterにて「通うジムを探しています!」と発言したところ、心優しきトレーナーさんが声をかけてくださり、体験させて頂く運びとなりました。

 

twitter.com

 

 

f:id:aya-znzn-aka:20190209115227p:plain

今回の体験で担当してくださった坂本季生さんです。(以後坂本トレーナー)

 

サマースタイルアワードを含め大会で3度も日本一に輝いた方で、Twitterやインスタでの投稿はデフォルトで、更にブログやストーリーでは筋トレやダイエット、食事の知識を惜しみなく公開してくれています。

 

www.instagram.com

 

坂本トレーナー自身、食事の摂り方によって体調・コンディションが変動することに気付き、自分にはどんな食材が合っているのだろう?と、実際に色々試してみたそうです。

 

結果、今ではオートミールじゃがいも意外の炭水化物は基本的に食べないのだとか。(体質により合う食材、合わない食材があります)

 

ストイックですよね。

レーニングも、本気でやる!と決めたときには、遊びに行けないように車を売ってしまったそうです。

 

そのマメさ、真面目さが今の坂本さんの身体を作り上げたのですね。

 

 

【食事指導が凄かった】

到着してまずは、カウンセリング。

トリプルファイブプログラムでは、食事指導にもとても力を入れていて、知識豊富なトレーナーから栄養学を基に食事についてのアドバイスをしていただけます。基本、初回のカウンセリングでは1時間ほど時間をかけるそうです。

まずは、生活習慣、食事について。

 

私の場合...

7:00起床

7:30 朝食①

9:00ジム

10:00食事②

12:00食事③

16:00食事④

18:30食事⑤

21:00プロテイン

23:00就寝

 

わかりやすく食事①〜⑤と書きましたが、内訳は

①朝食:食パン、スープ、納豆

②間食:プロテイン、おにぎり

③昼食:外食のランチセット

④間食:ミニ牛丼orカレー

⑤夕食:白米、味噌汁、煮物、肉or魚

 

こんな感じです。

 

これを聞いて坂本さんの感想は

 

「結構食べますね」

 

...ですよね。

 

そして、指摘して頂いたのが

 

・野菜が意外と少ない

・朝食が少ない

・炭水化物が多い

 

ということ。

 

睡眠時間については今のままでok。

 

◼︎まず、生野菜は食べるのめんどくさいと思ってる私、反省。

 

◼︎私の朝食の量が少ないのは、朝は食欲があまり無いから。でも、坂本さん曰く

朝は王様の様に食べた方がいい!との事。

(私が朝に食欲が無いのは、夕方の間食と夕食が重いのと、夜にホエイプロテインを飲んでいるから、寝ている間も内臓が動き続けて疲れているのでは?という坂本トレーナーのアドバイスに従い、夕方の間食と夕食の炭水化物を減らす事にしました。)

 

◼︎そして朝食を増やして、朝食後の間食には炭水化物はいらないという結論に。

 

整理すると、私の今後の食事例は

朝食:オートミールなど低GIの炭水化物、タンパク質、野菜をしっかり摂る

間食:プロテイン

昼食:定食

間食:プロテインバーなど脂質の少ないもの

夕食:(炭水化物無しor少なめ)の定食、タンパク質たっぷり

寝る前のプロテインはやめてもok(私はソイプロテインを寝る1時間以上前に飲むことにしました)

この他にもちょいちょいヨーグルトとかフルーツは食べてます。

 

【この体験の後1週間、改善した食生活を実行してみて】

 

一番実感しているのが、快便!笑

それから、まあ身体が軽い!

今日は胃が重いなぁ、今日は下っ腹が張ってるなぁ、脇腹が痛いなぁ、なんて事が一切無くなりました。(今までどんだけ不調だったんだよ笑)

どちらかというと太りにくいし、運動してるからどんどん食べて大丈夫でしょ!って思ってたけど、栄養素のバランスや量はきちんと守った方がいいなと再認識できました。

 

【トレーニングの様子】

 

そして、もちろん実際にトレーニングもしてきました!

今回は満遍なく全身の部位を鍛えることに。(まさに体験って感じですね)

 

f:id:aya-znzn-aka:20190205114349p:plain

(↑)肩甲骨を動かしています。

この企画を通して色々な方からパーソナルを受けてきましたが、最初に肩甲骨と股関節をストレッチするお店、トレーナーさん多いですね。それ位重要ってことですね!

 

f:id:aya-znzn-aka:20190205114701p:plain

(↑)わかりにくいですが、股関節を前後に動かしています。

 

肩甲骨、股関節を意識的に動かすのって道具を使わなくてもできるし、簡単な事ですが、日常ではあまりやらない動きなので、とてもリフレッシュできます。滞りを解消してくれるような爽快感があって好きです。

 

【ラットプルダウン】

 

2段階に分けてバーを引くやり方を教えて頂きました。

f:id:aya-znzn-aka:20190205115203p:plain

(↑)まず、肩甲骨を開くイメージで腕を伸ばします。

 

f:id:aya-znzn-aka:20190205115711p:plain

(↑)肩甲骨だけ寄せる!(結果少しバーを引く形になる)肘はまだ曲げません!

 

f:id:aya-znzn-aka:20190205115834p:plain

(↑)グイッと胸に引き寄せる。

 

この2段階に分けるやり方、めちゃくちゃわかり易いです!

背中を意識しながら丁寧に動かせるのでおススメです。

 

【ケーブルローイング】

 

f:id:aya-znzn-aka:20190205120410p:plain

(↑)これも肩甲骨を広げて〜顎は少し上げて〜

 

f:id:aya-znzn-aka:20190205120534p:plain

(↑)肩甲骨寄せる!顎引く!

 

辛くなってくると肩甲骨の可動域が狭くなってきて、フォームが悪くなってきます。

 

私の肩甲骨も例外なくサボってきたので、坂本さんは「寄せる!あやさん寄せるよ〜!」と指摘してくれました。

 

やはり、パーソナルを受けてて良いなと思うところって、まずフォーム修正をすぐにしてくれるところですね。

 

ちゃんとやっているつもりでも、言われるまで気づけないフォームの乱れがあるんです。

 

私の場合は特に膝と肘の向きですね...!

 

【スミスマシンを使ったベンチプレス】

 

f:id:aya-znzn-aka:20190205121406p:plain

(↑)コレは初めてやったのですが、フリーウェイトでのベンチプレスに比べて、スミスマシンを使ったベンチプレスは軌道が決まっているので、正しい動かし方が再確認できて良かったです。

 

【レッグエクステンション】

 

f:id:aya-znzn-aka:20190207162106p:plain

(↑)つっっっら!

辛い!

坂本トレーナーが、集中すべき部位(膝上のところ)を軽くコンコン叩いてして意識させてくれています。

大腿四頭筋に効いてます。

これ、結構メジャーな種目ですが、今まで私はほぼやってませんでした。初めてやる種目って、凄く辛いんですよね。

 

f:id:aya-znzn-aka:20190207162847p:plain

(↑)やば〜効いた〜!!!

 

 

【レッグカール】

 

f:id:aya-znzn-aka:20190207163323p:plain

(↑)凄い角度から失礼します。

 

ハムストリングに効かせていきます。

 

f:id:aya-znzn-aka:20190207163617p:plain

(↑)伸ばして、曲げて、の繰り返し。

 

一見単純な動作の繰り返しだけに見えますが、足首の向きや力の入れ方で(特に重い重量を扱うとき)ふくらはぎに力が入ってしまう事も多々あり、私的には難しい種目だなぁと思っています。

 

対策として、足首は90度に曲げて、膝を素早く曲げて、ハムストリングに効かせながらゆっくり戻すことを意識しています。

 

 

【ヒップスラスト 】

 

レッグカールのマシンを使ってヒップスラスト 

f:id:aya-znzn-aka:20190207164339p:plain

(↑)レッグカールのマシンを使ってやるやり方は初めて!

しかも足の裏を内側に返すようにして、無駄に姿勢の良いカエルみたいになります。ゲロゲロ。

 

f:id:aya-znzn-aka:20190207164217p:plain

(↑)そこからギューーーっと。これでもかというほど腰を持ち上げます。

 

ヤバい。めっちゃお尻に入るじゃんこのフォーム。

なんだこれ。

 

...実はこれ、トリプルファイブのトレーナー玉木洋平さんが考案した玉木式マシンヒップスラストなんだそうです。

 

ピンポイントでお尻に効くし、フォームも難しくないので、合う人には凄く良いと思います。

 

【ケーブルマシン プレスダウン】

 

f:id:aya-znzn-aka:20190207172026p:plain

 

f:id:aya-znzn-aka:20190207170428p:plain

(↑)上腕三頭筋に効かせる種目。今回は長頭(3本ある上腕三頭筋のうちのひとつ。内側に位置する。↑の写真で坂本トレーナーが手を当ててくれているところが丁度その筋肉。)狙いでアタッチメントはロープを使いました。

 

アングル悪くて何やってるかわかりにくいですね。

 

f:id:aya-znzn-aka:20190207171556p:plain

(↑)ってことで坂本トレーナーの画像で解説。

肘は90度ぐらいまで曲げて...

 

f:id:aya-znzn-aka:20190207172406p:plain

(↑)伸ばす!

 

めっちゃわかりやすい!(笑)

 

【サイドレイズ】

 

f:id:aya-znzn-aka:20190207173607p:plain

坂本トレーナー:「まっすぐ立って腕を上げてみてください」

 

あや郎:「バンザイできますね。」

 

f:id:aya-znzn-aka:20190207173819p:plain

坂本トレーナー:「じゃあ、次に少し前傾姿勢になってください」

 

あや郎:「はい」

 

 

f:id:aya-znzn-aka:20190207173946p:plain

坂本トレーナー:「腕を上げてみてください」

 

あや郎:「あれ?肩の横までしか上がらない」

 

今までなんとなくやってきたサイドレイズ。前傾姿勢の時は真上にバンザイできないって、言われてみれば当然でしょって思うかもしれないけど、今まで深く考えてなかった...!

 

身体を前傾させることで、可動域をコントロールして鍛えたい筋肉を意識しやすくなります。

 

あや郎調べによると、三角筋中部(肩の筋肉)は元々やや斜めに後傾しているので、上半身を少し前傾させることで身体の重力と、収縮・伸展させる筋肉の角度が一致するので、トレーニングの際に効率よく鍛えることができるそうです。

 

サイドレイズで少し前傾姿勢を意識している人は、身体の構造を利用していたんですね。ホント、勉強になります。

 

f:id:aya-znzn-aka:20190208014506p:plain

 

f:id:aya-znzn-aka:20190208014536p:plain

(↑)それを踏まえてやってみました。

 体の構造を理解したことで動かし方、意識の仕方がわかり、トレーニングの質が上がったように感じます。

 

今までマシーンでのトレーニングが9割以上だったので、この体験取材を通して色々な種目にチャレンジできて、楽しいし勉強にもなっています!

 

【めちゃキツい腹筋】

 

f:id:aya-znzn-aka:20190208015119p:plain

(↑)肩を支点にして仰け反る。

 

 

f:id:aya-znzn-aka:20190208015540p:plain

(↑)背骨を一個ずつ離していくイメージで、ゆっくり起きあがる。

 

 

f:id:aya-znzn-aka:20190208015559p:plain

(↑)到達。ゆっくり戻る。

 

この繰り返しだけなんだけど、想像以上に辛かったです。

まあ...この寝そべってるシートも傾斜けっこうあるからね!

(坂本トレーナーは更にえげつない角度でやってました。)

 

【トレーニングを終えて】

 

f:id:aya-znzn-aka:20190208021040j:plain

(↑)ドリンクや軽食を購入できるんですね。プロテインの味も豊富!ラインナップ最高!!トレーニング直後にタンパク質を摂取したかった私は、プロテインのピーチオレンジ味をオーダー。

 

f:id:aya-znzn-aka:20190208021449j:plain

(↑)美味しかった!プロテインを飲みながら少し休憩。

 

f:id:aya-znzn-aka:20190208021620j:plain

 

f:id:aya-znzn-aka:20190208021807j:plain

(↑)シャワールーム、パウダールーム共にアメニティ等揃っていて清潔感がありました。

 

 

f:id:aya-znzn-aka:20190208022023j:plain

(↑)ベランダは抜群のロケーション。トレーニングエリアからすぐ出られるようになっていて、椅子も用意されているので暖かい時期にはここでゆっくりするのも良さそう。

 

【ジムの特徴は?】

 

・知識豊富なトレーナーの下、食事管理や食事指導を受けたい

・実績のあるトレーナーに教えて貰いたい(トリプルファイブのトレーナーさんには、大会優勝者、有名アーティストの元専属ダンサー、芸能人のパーソナルトレーナー、モデル等、実力・指導力の素晴らしい方が沢山いらっしゃいます)

・マシーンも豊富にあるジムがいい

・内装が綺麗なジムがいい

 

こんな方に向いていると思います。

マシーン・トレーニングエリアの内装はこんな感じです。

ラグジュアリーな空間。綺麗で気持ち良いです。雰囲気重視とか、形から入りたいタイプの人にも最高かも!

f:id:aya-znzn-aka:20190208023702j:plain

 

f:id:aya-znzn-aka:20190208023742j:plain

 

f:id:aya-znzn-aka:20190208023818j:plain

 

 

【お店の情報】

 

赤坂555トリプルファイブプログラム

 

料金:入会金無料 8回コース8万円

 

コース・料金の詳細はコチラ

 

お問い合わせはコチラ

 

f:id:aya-znzn-aka:20190209111003j:plain

 

最後は坂本トレーナーと1枚!

 

ありがとうございました!

 

 

 

取材協力【赤坂555トリプルファイブプログラム】

http://triple-555.com

 

 

執筆【あや郎】